2007年07月14日

ケータイ小説・LOVE

ケータイ小説がどんなものかはわかったところでこれからはケータイ小説の作品紹介をしていきたいと思います。
ベストセラーがケータイ小説から出てくる時代ですからね。
アマゾンで書籍ランキングなんかチェックしたらケータイ小説なんか山ほど出てきますよ。

最初は「ケータイ小説の女王」の異名を誇る内藤みか先生の『LOVE』という作品です。
現在は新潮ケータイ文庫で「この世の隅」を連載中らしいのですが、それは興味のある方はチェックしてみて下さい。

さてこの『LOVE』という作品ですが、簡単にあらすじを説明していきたいと思います。

とても暑い夏のとある日から物語は始まります。
主人公である大学生の真下直樹とIT企業に勤める甲田萌恵子は、ほんの些細な出来事から行き違い、そしてケンカをしてしまい、「別れる」という選択肢を選んでしまいます。
ケンカ別れをしてしまった真下直樹と甲田萌恵子。
二人はお互いに相手のことを忘れようとするために、合コンに行ってみたり、出会い系サイトを覘いてみたりするのですが、どれもこれもうまくはいきません。
そんな空回りの日々は、二人の人生を逆に負け犬人生のスパイラルにハマっていくためのようなものでした。
悪戦苦闘空しく、そんな悪あがきの日々だけが続き、夏から始まった物語も季節はめぐり、いつしかまわりはクリスマスシーズンになっていきます。
「ひとりぼっちのクリスマス」が近づいてくることに恐怖する二人は、心の中で『そんなのは絶対にイヤだ!』と叫ぶのですが、ひょんな出来事からお互いの人生が大きく交錯していく!


と、こんな感じの内容があらすじなわけですけれども、あらすじを読んだだけでも面白そうですね。
さすがケータイ小説の女王。
みなさんも是非チェックしてみて下さい。
posted by andy at 03:01| ケータイ小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。