2007年07月14日

ケータイ小説・ラブリバ♂⇔♀

ケータイ小説のサイトを探すとけっこう出てくるものですね。
野いちごってサイトは有名なんでしょうか。かなり気合の入ったケータイ小説サイトでしたが。
ほかにもけっこうシンプルだけど作品数の多いものなんかもありましたので、そのうちリストあつめてリンクでも貼ってみようと思います。

さて今回の紹介するケータイ小説も、前回と同様の作者、ケータイ小説の女王こと内藤みか先生の作品でございます。
ちなみに内藤みか先生は昨今の流行にもれず、というか今時当たり前なのかも知れませんが、ブログを書いていらっしゃって、そこで色々と情報を入手したところ、

著書が2007年7月現在で65冊くらい、すでに出版されているみたです。凄い!

また作家になるためのノウハウを毎週公開している『私が作家になる日まで』という作品もあってそれは、「ケータイ小説」というジャンルを一躍世に広めた内藤みかが本音で書いた自叙伝的小説らしいです。

って話がそれすぎて今日の紹介する小説になかなか話が進まないので、無理やり終了。


それでは今日の『ラブリバ♂⇔♀』のあらすじをどうぞ。


亀子剛(かめこつよし)は、2人組アイドル・ペリエAの清原花音(きよはらかのん)の追っかけカメラ小僧。デビュー4年目、近頃人気下降気味の彼女を、いつものように最前列で熱写していると、貧血気味の花音が2階のステージから落ちてきた! 必死でキャッチしたその途端、大衝撃に見舞われ、気を失った! 病院で目覚め、鏡に映った自分の姿を見た時、剛は絶叫しそうになる。自分がB83.W57.H88の、清原花音になっていたから……。
アイドルとオタファン。前代未聞の魂入れ替わりドタバタコメディー、ついに幕開け!

勝手なイメージで先生は恋愛ものばかり書いているのかと思ったら、ドタバタコメディじゃないですか!
コメディ大好きの私にはたまらないですね。
みなさんも良かったら読んでみて下さい。
posted by andy at 03:36| ケータイ小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。